Tap to close

オスグッドについて

オスグッドについて

〒607-8145京都府京都市山科区東野八反畑町58-140電話番号メール予約

オスグッドについて

関節の痛みや腫れというと、高齢の人に起こりやすい症状というイメージがあると思います。しかし、若い世代でも膝の痛みや腫れで悩んでいることは少なくありません。

若い世代で多い症状のひとつにオスグッドがあげられます。これはお皿の下部分の骨である脛骨結節が突出して痛みをもたらす病気です。

オスグッドの症状と原因

オスグッドの具体的な症状と原因についてですが、オスグット病は10~14歳の発育期の少年に多いとされています。運動のときに強い痛みを感じますが、運動を休むと痛みは治まります。

そして、痛みがなくなって運動を再開したときに痛みが再発する傾向にあります。成長期に多いこともあり、成長痛とも呼ばれることがありますが、ボールを蹴ることや跳躍することで太ももの筋肉が緊張し、硬くなることが痛みにつながるとされています。

子供の場合は膝下部分の成長がまだ十分ではなく、運動で過剰な負荷をかけることで痛みや腫れにつながります。それゆえ、痛みを抑えるためには成長期の運動を控えるということも大切になってきます。

オスグッドでお悩みなら当院にお任せください

オスグッドでお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 山科院にお任せください。症状の悪化を防ぐために、まずは、当院に一度ご相談ください!

症状が進むと手術が必要になることもあります。成長終了後に痛みを残さないためにも正しいケアで対処していくことが大切になります。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

山科院へのお問い合わせ