Tap to close

足底筋膜炎について

足底筋膜炎について

〒607-8145京都府京都市山科区東野八反畑町58-140電話番号メール予約

足底筋膜炎について

足底筋膜炎は足の裏の足底筋膜に炎症が発生し、かかとの内側前方から中央にかけて痛みが発生する症状です。この場合には朝起きて歩き出す時などに足の裏に痛みを感じるようになりますが、しばらく歩いているとその痛みが和らぐというのが特徴的なものとなっています。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎の原因は足の裏側でアーチを形作っている足底筋が使いすぎのために炎症を起こし、痛みを生じているという状態です。これは、ランニングやジャンプ動作が激しいスポーツや立ち仕事などで足の裏で体重を支え続ける状態が多いことなどで発症することがわかっています。

加齢

足底筋膜炎の原因には加齢もあり、高齢になると立った際の重心が後ろ側にかかるようになるため、かかと部分に負担がかかり足の裏を酷使する状態となることでも発生する可能性があります。

足底筋は足のアーチを形作る重要な筋肉であるため、この部分が弱くなると足のアーチが崩れた形となり、土踏まずがなくなって偏平足のような状態となります。

そのため歩行時にバランスを崩しやすくなったり、しっかりと歩くことができないなどの問題を生じることも少なくありません。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

足底筋膜炎でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 山科院にお任せください。足底筋膜炎を治療するためには、その症状と原因をしっかりと把握し、適切に対処することが必要です。

他の整骨院や別の病院に行っても痛みが良くなっていないのなら・・・本当の原因にアプローチできていない可能性があります。

当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

山科院へのお問い合わせ