Tap to close

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

〒607-8145京都府京都市山科区東野八反畑町58-140電話番号メール予約

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は、脊髄の神経が通る脊柱管が加齢や体質によって狭くなり、神経を圧迫して様々な症状を引き起こす疾患です。

椎間板の一部が脊柱管内に突出して神経を圧迫する椎間板ヘルニアに比べ、中高年の男性に多く見られるます。その症状と原因の特徴を知り、適切なケアをすることが大切です。

脊柱管狭窄症の症状と原因

脊柱管が狭くなる要因は、体質により加齢とともに骨が成長し、管が細くなるケースがあります。また脊柱管にある黄色じん帯が厚く変性し、神経を圧迫します。もともと管が狭くなっている状況で事故などの衝撃が加わることで発症する場合があります。

主な症状として腰痛や手足のしびれ、筋力の低下や排尿・排便困難などがあります。腰痛はそれほど強い痛みはなく、安静にしていればほとんど痛みを感じることはありません。背筋を伸ばした状態で歩くと太ももやひざから下がしびれ、歩きにくくなります。

特徴的な症状としては歩いていると足や腰がしびれてしまい、途中で休憩を挟みながらでないと歩き続けられない(間歇性跛行)ということが発生します。

脊柱管狭窄症でお悩みなら当院にお任せください

脊柱管狭窄症でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 山科院にお任せください。脊柱管狭窄症を治すためには、手術が必要な場合があります。

MRIによる診断ができますので、まずはお気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

山科院へのお問い合わせ