Tap to close

テニス肘について

テニス肘について

〒607-8145京都府京都市山科区東野八反畑町58-140電話番号メール予約

テニス肘について

テニス肘とは上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と呼ばれるものです。主にテニス愛好家にみられる症状であったため、テニス肘とも呼ばれます。発生部位は肘周辺の筋肉が傷つくことで肘外側の骨近くで炎症が起こり痛みが生じるものです。

傷つく筋肉は肘周辺ですが、特に上腕の骨と指の骨をつなぐ筋肉である短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)の上腕骨に付着している部分の外側で生じます。

テニス肘の症状と原因

症状と原因は、テニス肘と呼ばれるように同じ動作を繰り返すことによって筋肉がダメージを受け炎症を起こすというものです。このためテニスに限らず、繰り返しボールをラケットで打つような動作をするスポーツをする人に見られやすいものになります。

また、近年はパソコンのキーボード操作でも発症することがあります。いずれにしても肘の部分に負担のかかる動作を繰り返し行うようなことをしていれば、テニス肘を発症させる可能性があります。

また加齢によって筋肉の柔軟性が失われることで発症しやすくなるため中高年以上に見られやすい症状です。

症状としては、手首を使った動作をする場合や物を掴んで持ち上げる時に肘の外側から前腕部にかけて痛みが伴うというものになります。

テニス肘でお悩みなら当院にお任せください

テニス肘でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 山科院にお任せください。テニス肘は、基本的には筋肉の使い過ぎによる症状です。軽度の場合には痛み程度で済みますが、重症化すると圧痛や肘の曲げ伸ばしが困難になります。重症化する前に、当院で治療をすることをお勧めいたします。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

山科院へのお問い合わせ