Tap to close

胸郭出口症について

胸郭出口症について

〒607-8145京都府京都市山科区東野八反畑町58-140電話番号メール予約

胸郭出口症について

比較的女性に多く見られ、その原因が様々であるため確実な特定が困難な病気です。

首と胸の間には主要な血管や多くの神経が通っており、非常に混雑した状態となっているために骨格の歪みやその他の要因により神経が圧迫されてしまい痛みを伴うことが少なくありません。

しかし根本的な原因を見つけることが非常に難しく、またその症状も特定をすることができる明確な状態で現れることが少ないため、非常に厄介なものとなっているのです。

胸郭出口症の症状と原因

胸郭出口症は、首と胸の間の神経が圧迫されて発生する症状のことで、刺すような感覚が首と肩に始まり、やがて腕の側に広がっていくのが特徴となっています。

胸郭出口症の症状と原因に関しては曖昧な面が多いのですが、中には明確な原因が存在している場合もあります。警部の肋骨が神経を圧迫している場合や、胸部の肋骨が変形してしまい神経を圧迫しているケース、および鎖骨の下部分に存在する動脈の閉塞なども可能性として考えられます。

このような場合には専門的な診断を行い、この部分の症状を改善することで痛みが改善される場合もあるため、総合的な見地から検査を行うことが必要となるのです。

胸郭出口症でお悩みなら当院にお任せください

胸郭出口症でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 山科院にお任せください。胸郭出口症は必ずしも原因が究明できるわけでは無い非常に厄介なものですが、痛み止めなどを投与しその痛みを和らげることが一般的な治療では行われています。また定期的に検査を行い、その症状と原因を探ることも行われており、今後は原因の究明に至る可能性もあると考えられています。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

山科院へのお問い合わせ